薄毛やAGAリスクを高めてしまうものとは?

メタボリックシンドロームが報道等で頻繁に報じられてからかつては「成人病」と呼ばれていた病気の多くが「生活習慣病」という名称に変更され、世間でも広く知られるようになりました。成人病が生活習慣病へと名称変更された経緯には、かつては成人が罹患するとされていた「高血圧症」や「糖尿病」「動脈硬化症」などの慢性疾患罹患年齢の若年化が顕著に確認されるようになり、その原因の多くが現代人の生活習慣によるものであると決定づけられたからです。現代人の生活習慣の中でも健康に重大な悪影響を及ぼすのが「食生活の乱れ」「睡眠時間の短縮」「運動不足」と言われています。女性の社会進出と男女とも晩婚化が目立つようになってからは特に外食中心の食生活となり、パソコンや携帯電話、携帯ゲーム機の普及によって夜更かしする人の割合が増え、更に積極的に屋外で活動する機会が減ったことで生活習慣病のリスクが高まると考えられているのですが、こうした生活習慣病リスクはダイレクトに薄毛やAGAにも反映されます。つまり薄毛とAGAも生活習慣病として捉えることができる症状なのです。また薄毛やAGA以外にも死亡率の高い病気の多くが高血圧症や糖尿病、動脈硬化症などの生活習慣病を併発していることから、生活習慣病リスクを下げることは多くの病気のリスクを下げることでもあるのです。ですから最近髪の毛が気になりだしたら、まずは上記の3つの生活習慣病リスクを見直してみてはいかがでしょうか?