ミノキシジルとは?

ミノキシジルも薄毛に対する医薬品として厚生労働省が許認可した成分です。ミノキシジルを配合した薄毛治療薬には外用薬と内服薬がありますが、現在日本で流通しているのは主に外用薬となります。欧米では薄毛やAGAの治療薬としてフィナステリドを配合した内服薬と併用する形で、外用薬のミノキシジルが処方されますが、日本では大正製薬からリアップという育毛剤にこの成分が配合されているため、一般的にはプロペシアを病院で処方してもらい、リアップをドラッグストアなどで購入することが必然的に多くなります。医療機関によっては調剤薬局で外用薬としてのミノキシジル配合薬を調合してくれるケースもあります。しかし、プロペシアと違い、リアップは一般的な育毛剤として販売されていますので、医師の処方箋無しでも購入できるという手軽さがあるため、薄毛に悩む人の間では人気が高い商品です。薄毛に関する治療は原則として自由診療(健康保険の適用外治療)となります。自由診療では医療機関側で自由に診察料金の設定が可能なため、販売価格が明確なリアップは購入者側にも分かりやすいというメリットがありますね。しかし、医療機関で処方されるミノキシジル配合薬の場合、患者さんの状態に合わせて調合されることと、売薬であるリアップでは医療機関の処方薬に比べてミノキシジルの配合量が少なくなる可能性もあるというデメリットもあります。したがってミノキシジルを希望する場合には主治医とよく相談の上、個別に調合してもらうか、ドラッグストアでリアップを購入するかを決めるのが良いでしょう。