え?ダイエットが薄毛の原因!?

生活習慣病が薄毛の原因であるというのはこれまでにも説明してきました。
生活習慣病の中で、高血圧症や動脈硬化症、糖尿病と並んで知名度が高いのが、メタボリックシンドロームですよね。
メタボを解消するにはダイエットを心がけなければなりません。
しかし、このダイエットの方法を間違えてしまうとかえって薄毛になるリスクが高まってしまうのです。メタボ解消のためのダイエットは食事量と栄養価のバランスを考え、適度な運動を取り入れて無理の無い範囲で行うことが重要です。
ところが「ダイエット=痩せる」と強く意識するあまりに、過度な摂食を行ったり、心臓に負担をかけるような激しい運動をしてしまう人もいます。
また女性の場合、メタボ解消のためのダイエットというよりも、理想的なプロポーションになろうと太っていなくても過激なダイエットに走る人も見受けられます。
繰り返し説明しますが、毛髪は毛根が健康でなければゆたかな髪の毛の維持は出来ません。
そして毛根細胞は頭皮付近の毛細血管を流れる血液から栄養と酸素を供給されながら活動しています。
極端な摂食制限などの過激なダイエットは毛根細胞の栄養失調を引き起こし、心臓に負担をかけるような激しい運動は血流を不安定にさせてしまい、毛根細胞にダメージを与えてしまいます。
ダイエットはあくまでも健康を維持するためのものであり、ダイエットによって健康を害してしまっては本末転倒な話しですので、くれぐれもダイエット法については医師やトレーナーなど専門家に相談して自分自身に適した方法で行うようにしてください。